エリザベス女王杯 コースの特徴

【京都競馬場 芝・外回り2200m】
エリザベス女王杯 レースコース

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。1コーナーまでの距離は約400m(Aコース)ある。1~2コーナーは平坦。2コーナーを回ると、約500mのバックストレッチ。向正面半ばからは徐々に坂を上り、3コーナーのところで頂上を迎える。そして4コーナーにかけて下るというレイアウト。外回りコース使用で高低差は4.3m(内回りは3.1m)。最後の直線は平坦で、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。

1コーナーまでの距離が十分あり、テンから飛ばしていく馬は少ない。よってペースは遅くなりがち。中盤もゆったり進み、3コーナー過ぎ、坂の頂上付近から一気にペースアップ。馬群が縦長でもここで隊列がグッと詰まる。差し、追い込み馬はここでポジションを上げるのがベスト。ロングスパート合戦になる。ラスト3ハロンではなく4ハロンで速い脚が要求される。こうして序盤から構えて、後半勝負という意識がジョッキーにあるので、逃げ馬の動向に注意が必要。ペースはあまり速くないのに、大逃げという状況が生まれることがある。09年エリザベス女王杯を逃げ切ったクィーンスプマンテは典型的。このような例は、その他にもある。逃げ馬は後続を引きつけるよりも、離して逃げた時の方が怖い。

【有利な脚質と枠順】
全体的にも逃げ・先行馬の活躍が多いコース。枠順の有利・不利はほとんどない。

【種牡馬成績】
マンハッタンカフェ、ダンスインザダーク、スペシャルウィークらのサンデーサイレンス系が上位を占めるが、回収率ではいまいち。好走率と回収率の両面で期待できるのはジャングルポケット、ホワイトマズル。ロベルト系はグラスワンダーはまずまずだが、マヤノトップガン、タニノギムレット、シンボリクリスエス、ブライアンズタイムはひと息。クロフネも不振。

【クラス別水準ラップ(3F-5F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(35.7-63.4-35.5=2.14.6)
3歳以上1000万(36.1-62.8-34.7=2.13.6)
3歳以上準OP・OP特別(36.1-61.6-35.6=2.13.3)
3歳以上重賞(35.9-61.4-35.5=2.12.8)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

競馬相互RSS

競馬相互RSS

  • No items.

公開日:
最終更新日:2012/09/02